ダレタメ情報屋

浅い内容ばかりですが、誰かの為になるかもしれない。。そんなブログです。。

ゲームオブスローンズを見ようか迷っている人へ!面白すぎて必ずハマる保証付き!ネタバレなし。

f:id:hanayowa:20180217161848j:plain

どうも「はなよわ」と申します。

 

記事のタイトルを見て「うそだぁ~?」とか「そんな面白いドラマある?」など、半信半疑ですよね?

でも、あるんですそれが!あったんですそれが!笑

「途中まで見たけどつまらなかった」という人もいると思います。分かりますよその感想。でもそういう人にこそ、このドラマを最後*1 まで見ていただきたい!

シーズン7とか、もはや別物になってますから!

基本的にシーズン3からハマる人が多いみたいです。

長いと感じると思いますが、そこまで見る価値は大いにあります!保証します、必ず面白くなります!(1シーズン全10話で、シーズン7だけ全7話)

 

*1 ここでいう『最後』は現時点での最新話であるシーズン7の7話のことです。2019年4月に放送開始されるシーズン8で完結とのことです。

 

 

ということで、今回は「面白い面白い」と、とにかく世界中の人が「これ以上面白いドラマはない!!」と豪語している海外ドラマ《ゲームオブスローンズ》を、僕も今のみなさんと同じ様に半信半疑で見始めたら、面白すぎて大変なことになったので、「あと一押しで見るんだけどな~」とか「初めの方ちょっと見たけどよく分かんなかった」という人の背中を押せれるように、ゲームオブスローンズの魅力と、ちゃんとハマれる視聴方法について話したいと思います。もちろんネタバレはなしです!

 

長くなったので、読むのめんどくさい人は目次から『まとめ』に飛んじゃってください。

 

では行きましょう。

途中で辞めずに最後まで、見たら分かるオモロイやつやん!(←イッテQ見てる人にしか伝わらないネタ.笑)

 

 

 

①僕が見ようと思ったきっかけ

「お前の見ようと思ったきっかけなんてどうでもいいよ」って方はこの項目はすっ飛ばして、次に行ってください(笑)

知りたいのはこんなことじゃないと思うので。

http://dramalabo.com/wp-content/uploads/2016/02/941c6bb997cb6d435e04e34a2c31e8ac.jpg

http://dramalabo.com

海外ドラマを見始めたのがここ1年ぐらいのことで、初めにプリズンブレイクの面白さに衝撃を受けて、他にも面白い海外ドラマを探すようになったんですよ。 

『海外ドラマ おすすめ』とかでネット検索すると、ほとんどのサイトや掲示板で《ゲームオブスローンズ》というのをオススメしていて、その勧め方が尋常じゃない!

 

「見てない人は人生の半分損している!」「この世で一番面白いドラマ!」「日本ではそんなに騒がれていないけど、世界中で爆発的に人気のあるドラマ!」などなど…。

その時に見たサイト*2 に書かれていたんですが『ウォーキングデッドのファンだったアメリカの友達が、ゲームオブスローンズを見て「ウォーキングデッドなんてクソだ!」と言った』なんてエピソードもあるみたいです。笑 

*2 「ゲーム・オブ・スローンズ」は断トツでハマる一番面白い海外ドラマ(ネタバレなし) - ミセスGのブログ

 

海外ドラマ新参者の僕にとっては「そんなに面白いの!?」って気になるじゃないですか。(ちなみにウォーキングデッドは、出てくるゾンビ達が気持ち悪くてシーズン1の最後の方で見るの辞めました。笑)

 

でも気になってはいるけど、イマイチ見る気が起きない。

自分に合っているドラマかどうか、自分の目で確かめたら早いのに見る気が起きない。

これ、見る前あるあるですよね。

 

そんな時に友人が『ゲームオブスローンズ見てみるわ~』と言ってきたので、自分も見るなら今が好機かなと思い(2018年)1月28日から見始めたって感じですね。知り合いで見る人が居るならそのドラマについての話もできますし。

 

そして最新話まで見終わった結果、『面白いとは聞くけど見る気が起きない』と少し前の自分と同じことを思っている方へ、とりあえず見て!とオススメするぐらいハマっちゃったってハナシです。笑

 

ゲームオブスローンズファンの先人様たち、初めましてこんにちは。

まんまと「ようこそゲームオブスローンズへ」って感じです。笑

 

②このドラマを見る前の注意事項

f:id:hanayowa:20180826154143j:plain

https://img.happyon.jp

これはすごく大事な項目です。

ここをクリアしないと見てはいけませんってぐらい大事です。

どういうストーリーか、よりも前に話しておかなければならない重要事項です。

 

まず、家族団らんの席で見たら気まずさで死にます!!!

なぜならお色気シーンだらけだからです。全裸の女、全裸の男、性行為、そんなのが当たり前に映ります。1話に1回は女性の胸が映りこむレベルです。なんなら下半身モザイクまであります。

 普通のドラマなら、手前にある観葉植物だったり、人の頭だったりを使って映らないように隠す努力をしてますけど、このドラマは隠す気がさらっさら無い!笑 常にポロンポロンしてます。

なので、もし一緒に見る人を従えるのであれば、そういうシーンを一緒に見ても気まずくならない人をお選びください。

 

次に、グロやゴア表現も多いので注意です。

生首が落ちていたり串に刺さっていたり、首を切られて血がドバドバ出てきたり、お腹を切られたら内臓が飛び出たり、拷問シーンなどが頻繁に映ります。

全話見終わるまでの数週間、人の首が切られるのを何回見たことか…ってぐらい数えきれないほどです。(ウォーキングデッドがダメなのにこれはいいの?と思われた方がいると思いますが、ウォーキングデッドはグロというか、ただゾンビがキモくて見る気が失せただけなので、ゲームオブスローンズは大丈夫でした。)

 

お色気グロも日常茶飯事なので、そこクリアできる人は見ても問題ないです。

 

 

③結局どういうストーリーなのか?

https://stat.ameba.jp/user_images/20161106/08/kaeko-0818/04/89/j/o1440090013791046490.jpg?caw=800

https://stat.ameba.jp

登場人物たちの雰囲気からして中世ヨーロッパが舞台なのかと思っていましたが、それは違っていて、ウェスタロスという架空の大陸が舞台の話です。なので実在した歴史上の人物などは一切出てこず、全てオリジナルキャラクターです。

 

『Game of Thrones(ゲームオブスローンズ)』=Thronesが王座という意味なので、直訳すると『王座のゲーム』といった感じになります。

ということを踏まえてどういうストーリーなのか簡単に言うと【ウェスタロスという大陸の王になる為に、諸名家が揉めたり協力したりしながら、王座を奪い合う話!】です。まずは…(意味深)

 

ウィキペディアなどにダラダラあらすじが書いてありますが、見る前にあんなの読んでも意味が分からなくてこんがらがるだけなので、これぐらいのあらすじで十分だと思います。笑

実際に僕もこの程度の情報で見始めたので。

 

見るのを躊躇っていた理由に、それだけ聞くと日本でいうところの大河ドラマみたいな感じかと思っていた部分があり、大河は見ないのでイマイチこのドラマも見る気がしなかったんですよね。

でもこのドラマは、オープニングシーンでいきなり変なのが出てきたんですよ!←

バケモノみたいな…モンスターというか…人以外にも色々出てくるのか…と。そこで悟ったのがこのドラマ…大河要素もあるけどそれ以外にファンタジー要素も結構あるぞ、、と。

 

そして先に言っておきたい…前半は大河要素が多いけど、後半は最高のファンタジーが待っています!!

もうね、シーズン7がやばいんですわ。。笑

とりあえずお楽しみに。

 

 

④このドラマの凄さと魅力

【スケールとクオリティー】

見る前から「スケールが壮大!」とか「ドラマじゃなくて映画!」なんて言われているのを知っていたんですが、見てないので当然ピンときてませんでした。

それが確かに、見たらわかる凄いやつやん!となる羽目に。笑

http://www.alfabetajuega.com/abj_public_files/multimedia/imagenes/201302/33965.juego_de_tronos_dragon_new_york_times.jpg

 http://www.alfabetajuega.com

 シーズン1には派手な合戦だったり、CGを使ったド派手な演出はイマイチありませんが、シーズンを重ねるごとにドラマにしてはやりすぎな、映画クオリティーの映像になっていきます!

その映像に見慣れて当たり前のようになっていってましたが、よく考えたらこれドラマなんだよな…と、ふと思ってしまう瞬間がありました。

出てくる人の多さ、馬の多さ、ロケーション、CG技術など、このドラマ以上に力を入れているドラマは他にないです。なんなら、その辺の映画よりもスケールが壮大です。

 

【主人公が居ない】

誰かが主人公の物語じゃないんですよ!むしろだから面白い!

主人公が決まっているとどうしても“主人公補正”で、そのキャラが恩恵を受けるストーリーになりがちじゃないですか。例えば、『敵に囲まれて絶対に逃げ切れないピンチな場面』が訪れても、視聴者的には「主人公だからどうせ助かるんでしょ?」とハラハラ感が薄れる、というようなことが起きますよね。

 

ですがこのドラマは主人公がいないので、善良なキャラクターでも『そのピンチを乗り越えられるのか』、『はたまたダメなものはダメなのか』想像もつかないので、緊迫したシーンでのハラハラ感は増します。

 

主人公が初めに定義されていない代わりに、多くの主要キャラが登場します。

それぞれの視点で代わる代わる物語が語られていくので、初めのほうは覚えるのに必死だと思いますが、必ず推しキャラが見つかると思います!

いくつもの話が同時進行で進んでいくのですが、物語が進むにつれ、その推しキャラ推しキャラが出会ったりしたら、なんというかアンパンマンドラえもんがついに共演した!!」みたいな凄みを感じれます。笑

 

当然憎たらしいキャラも登場し、そいつが早くどうにかならないかなと、イライラを溜めながら見ることになるでしょう。ですが、そういう憎たらしいヤツがいることでドラマは盛り上がっていくので大事な存在だと思っています。

これほど世界中で人気のあるドラマになったのは、明確にそういうキャラが居たということも理由の一つだと思います。

https://www.yumemono.net/wp-content/uploads/2016/06/game-of-thrones-cast.jpg

 https://www.yumemono.net

 

【合戦シーン】

たまにある合戦シーンがただの映画。

映画並みの迫力ある映像になっています。アクションもちゃっちくなく本格的です。

大人数vs大人数なので、人や馬の数、海から攻める船の数などが桁違いです。一部CGだとしても、そんなことを考えている暇もなく見入ってしまいます。

http://pbs.twimg.com/media/CwYEkSWUoAAA7o_.jpg

 

【ファンタジー要素】

これがただの王座を奪い合う人間同士の小競り合い話だったら、そこまで大騒ぎしていませんよ。

確かに人間同士の小競り合いだけでも、裏切りや共闘があって十分濃厚で楽しめるんですが、そこにファンタジー要素もプラスしてきてるので大変なんです。笑

ちょっとした魔女や、海賊、モンスター、ゾンビ、石化したドラゴンの卵、などなど…

このワードだけで一気にファンタジー感出てきますよね。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/d3/e4/e6/d3e4e65fcb2fc8dc1d0db79e64901a76--dragon-egg-baby-dragon.jpg

こんなのや、

http://blog-imgs-114.fc2.com/p/i/n/pinklemonade673/whitewalkersgot.jpg

http://blog-imgs-114.fc2.com

 こんなの。

 

序の口です。まだまだ凄い映像が見れます。

ですが、その時その時で「おお~!!」ってなってもらいたいので、この辺にしておきます。

 

(あと、ワイスピのラムジーが出てくるよ←)

http://www.cinema-life.net/wp-content/uploads/9b505bb79c009622ba14002653ebca26.jpg

↑これはワイスピのラムジー

http://www.cinema-life.net

こんなのを見出しにしてしまい申し訳ない。笑

超個人的なことなので興味ない方は飛ばしてくださいね。

 

僕は映画ワイルドスピードが大好きで、その女性キャラの中でもミアと同じぐらいラムジーを推していまして、、

で、なんと!シーズン3から「ミッサンデイ」という役名でゲームオブスローンズにも登場してきますので、同じようにワイスピのラムジーが好きな方は楽しみにしていてくださいね!

↓ミッサンデイ

https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fvignette3.wikia.nocookie.net%2Fgameofthrones%2Fimages%2F7%2F7f%2F%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F.png%2Frevision%2Flatest%3Fcb%3D20160530042130%26path-prefix%3Dja&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

https://rr.img.naver.jp

 

現場からは以上です。 

 

 

⑤見ると決めたら用意しておくモノ

http://mac.h-cdn.co/assets/17/14/768x411/1491597392-syn-mar-1491589692-screen-shot-2017-04-07-at-20830-pm.png

http://mac.h-cdn.co

  • 相関図 (必須)
  • 解説サイト (重要)
  • 「シーズンを重ねるごとに面白くなる」という前情報 (重要)
  • 話し相手 (居た方が楽しめる)

 

【相関図】

まず相関図が何故いるのかというと、登場人物と名家が多すぎて見始めの頃は「誰がどの家の人間なのか」「こいつとこいつの関係はなんなのか」「名前が覚えられない」「誰だよコイツ!」って必ずなるからです。

 

相関図はあった方がイイ、と見る前に調べていたのですが正直「覚える作業めんどくせ~」と思っていました。ですが覚える作業なんてしなくても大丈夫です!見ていて「誰?」ってなった時だけ相関図を見て「あ~こいつね」とやっていけば自然と覚えていきます!大丈夫です、僕も初めは誰がどの家のヤツなのかワケ分かりませんでしたが、今では相関図なくても頭に入っています。

 

僕がお世話になった相関図はこちらです↓(外部リンク)

xn--o9j0bk5nnb4bh6t8c7fuc8ef.com

シーズンごとに登場人物が増えたり減ったりするので、最終的な相関図を見るとネタバレの恐れがありヒヤヒヤしていましたが、こちらのサイトでは各シーズンごとの相関図が用意してありオススメです。シーズンが進むにつれ、その都度フォルダーに画像を保存して「誰!?」ってなった時にその相関図を召喚すればいいです。

 

スターチャンネル公式サイトにも相関図はありますが、あれは最終的な全ての主要キャラの関係性を表した図になっており、多少のネタバレ要素があります。(気になる程度ではないかもしれませんが、僕は避けました)

 

【解説サイト】

物語が複雑かつ濃厚な為、初見で理解しようと思っても絶対に無理です。集中して見ていても、まず顔と名前も覚えれていない状態なので割と何を言っているのか意味が分かりませんでした。

 

なので、そのエピソードを見るのと並行してこちらのサイトの解説も見ながら視聴するのがオススメです↓(外部リンク)

www.nomadam.net

ほんと、世界一わかりやすいです(笑) このおかげで助かりました。

 

リンクはシーズン1の第1話ですが、全話分解説があります!

シーズン1を見終わったら、サイト内のキーワード検索で『season2』と入力すればシーズン2の解説一覧が表示されます。(『シーズン』はカタカナではなく英語で『season』と入力しないとヒットしません)←追記(2018.5.1):カタカナでもヒットするようになっていました。

以降のシーズンも同様の方法が見つけやすいのでオススメです。(シーズン7だけは、『season7』と入力しても5話までの解説しか表示されませんが、カタカナで『シーズン7』と入力すれば残りのエピソードの解説も表示されます)←追記(2018.5.1):この不具合は既に解消されていました。

 

全てのシーンに解説があるので、そのエピソードを見ながら「どういうこと?」となったら一時停止してその部分だけの解説を見るのもよし、各エピソードのエンディング後に1話通して解説を見るのもよし、こうすることできちんと理解したまま次のエピソードに進めるので「意味わかんねーよこのドラマ」ってなるのを防ぐことができます。

僕がこのサイトを見つけたのはシーズン3を見ている時だったので、初めから並行して見ていれば良かったなと思いました。

 

そう、このドラマは解説がないとキツいです。

http://pararium.com/wp-content/uploads/imgs/f/f/ff5cb9e8.jpg

ゲーム・オブ・スローンズをディズニー風に描いたファンアート! | パラリウム より

 

【相関図】【解説サイト】を用意できたならあとは見始めるだけです!

が、見始めてすぐは、人によっては退屈だと思うシーンが多いかもしれません。

ですがそこで「あ、このドラマおもんないや」と見るのを辞めてしまうのは勿体ない!!

勿体なさすぎる!!!

 

このドラマ、シーズン1は「そんなに面白くない」という人が多いです。

確かにシーズン1は盛り上がりに欠ける作品かもしれません。

というか、シーズン1は覚えることが多くてイマイチ内容が入ってこないのかもしれませんね。まあそれを防ぐ為に【解説サイト】が重要になってくるのですが。

 

そんな時のモチベーションを保つ手段として【シーズンを重ねるごとに面白くなる】ということを知っておくのが大事になってきます。

なぜなら、映画で例えるとシーズン1なんてオープニング、ただのオープニングシーンに過ぎない…。

2時間ぐらいの映画でいうところの、開始10分までの話だと思っていただきたい。自分が見ようと思った映画の開始10分だけ見て「この映画つまんねえな!見るの辞めよ」とはなりませんよね?

大概の映画のオープニングは、観客が登場人物や物語の世界観を理解する時間になっていて、エンディングに近づくにつれてだんだん面白くなっていくじゃないですか。

それと同じです。このドラマのシーズン1がちょっと盛り上がりに欠けるのは、視聴者が登場人物や物語の世界観を理解する為のシーズンにすぎないからです。

 

物語はシーズン1→シーズン2→シーズン3…と面白くなっていき、シーズン7には、、、!!!!!!!!!?

ちなみに僕はシーズン3の9話を見たあとで少しハマり出しました。それまではまあまあって感じでしたね。

で、さらにシーズン4の9話で完全にゲームオブスローンズにハマりましたね。

なので「見続けたら面白くなる」というのを信じて見ることが大切なドラマです。

 

それでもモチベーションが続く気がしない人の為に、明確な数字を提示しておきましょう。上に書いた僕の例でも分かるように、このドラマは毎シーズン、9話特に面白い傾向にあります。

 

僕もシーズン1の途中で少し疲れて「続きを見るのはもっと先でいいや。ゆっくり見よ~」と思ったことがありましたが、そんな時に一緒に見始めた友人が「シーズン1の9話見た?」と連絡してきたことがあり、そんな風に言われたら何が起きたのか凄い気になるじゃないですか?

なので悠長に見ようと思っていた僕ですが、急いで9話まで見てみると、確かに1~8話に比べれば物語が大きく動くシーンがありました。ここでハマる人もいるかもしれません。

 

一緒に見始めた人が居ると、こんな風に相乗効果もあるので【話し相手】が居た方がより楽しめます。というかこのドラマ、見続ければ次第に『絶対に誰かと話したくなるドラマ』になっていきます。そんな要素しかない!

 

見ている人が誰かと話したくなって、見てない人に「いやもう、見て!早く見て!」と勧める連鎖でここまで人気になったドラマなんじゃないかと思っています。そんなフシがありますね、このドラマには。

 

今すぐ誰かに話したい欲に駆られるドラマなので、僕には一緒に見始めた友人が居て、その都度ちゃんと吐き出せていたので助かりました。じゃないと今頃このドラマについて話したい事でいっぱいになってパンクしていたと思います。笑

 

あれです、あの、もし日本のドラマで普通に放送されていれば皆がこのドラマの話で持ち切りになって『このドラマ見てないと次の日学校に行っても話についていけない』現象が起きてますよきっと。笑

 

 

⑥字幕と吹替え、どっちがより楽しめるのか?

http://pararium.com/wp-content/uploads/imgs/2/0/203e6226.jpg

ゲーム・オブ・スローンズをディズニー風に描いたファンアート! | パラリウム より

吹替えです。

プリズンブレイクやワイスピなど、最近は字幕で見ることが多い僕ですが、ゲームオブスローンズは吹替えで見ました。結果、吹替えで当たりでした。

第1話を字幕で見てたんですが、色々調べた結果「ゲームオブスローンズは吹替えの方がオススメ」という意見が多く、自分もそうすることにしました。

 

このドラマは、情報量が多いのと、その世界にしかない用語が出てきたりするので、1回の文字数に制限がある字幕では補えない部分があるんですよ。

一話一話が濃厚なので字幕だと相当疲れると思います。

映像も凄いのでイチイチ字幕を読んでいる時間が勿体ないです。よりその世界を満喫しようと思ったら、セリフは耳で聞いた方がいいと感じました。

 

「アメリカ人が日本語喋ってるなんて可笑しい」という意見は分からないでもないです。でもそもそもこれは、アメリカが舞台のアメリカ人の話ではなく、架空のウェスタロスという大陸のウェスタロス人の話なので、『ウェスタロス人が英語以外で話してるなんておかしい』ということにはならないですよね?笑

 

ディズニーやピクサーの映画は吹替えで見ると思いますが、そんな感覚で見たらいいと思います←

 

というかこのドラマの吹替えは上手いので見ていて違和感がありません。

まあここは好みなので「必ず吹替えで見ろ」と強要する部分ではないので、そんなことはしませんが。

 

ですが!!

 

シーズン6の第5話のラストシーンだけは、吹替えで見た後に字幕で見ることを強くオススメします。

というか見たら、字幕でも確認したくなると思います。

 

それぐらいですかね。

 

 

⑦まとめ

  • お色気シーンが多いので家族で見ると気まずい。
  • シーズン1は微妙と感じるかもしれないけど、見続ければ必ずハマる。
  • 『相関図』は用意しといたほうが良い。『解説サイト』を併用して見るのもオススメ。
  • 吹替え推奨だけど、シーズン6の5話はのちに一部字幕でも見るとよい。(見たら分かる)
  • 現在(2018年)はシーズン7が最新だが、2019年4月にシーズン8が開始予定。
  • シーズン1~6は全10話。シーズン7は全7話。シーズン8は全6話構成と発表あり。
  • 1話あたりの時間は平均53分と長め。1時間を越えるエピソードもたまにある。
  • ワイスピのラムジーが出るよ。

 

ここまでダラダラと書きましたが、見る前に知っておいたほうがいいであろう要点は以上になります。

 

よくありがちな「シーズン1好評だったから、シーズン2作っちゃおうぜ~」で作った結果、シーズンごとに面白くなくなっていく海外ドラマとは違い、シーズン1で完結するつもりなんて初めからサラサラないドラマなので、話の筋もきちんと通っていますし、シーズンが進むにつれ面白くなっていくも納得です。

 

ちなみに、シーズン1が微妙とはよく聞くものの、『ブレイキングバッド*3』の前半シーズンを耐えれた人なら余裕です(笑)むしろ、それを知っている人からすれば普通に面白い。

 *3 海外の批評サイトで、シーズン5が100点満点中99点というスコアを叩き出し、歴代で最も高く評価されたテレビドラマとしてギネス世界記録に認定されている海外ドラマ。これもまたクライマックスは凄いけど、シーズン1は面白くないと有名。個人的には最後まで見たけどそんなにハマらなかった苦行ドラマ(笑) でも色々素晴らしいのは分かる。人に勧めたりはしないけど。

 

ここで、未見だった僕がどのようにして「ようこそ、ゲームオブスローンズの世界へ」となったのか、その過程を言いたいと思います。

 

シーズン1の1話で、「よ」

シーズン1の9話で、「う」

シーズン2の9話で、「こ」

シーズン3の9話で、「そ、、、、」

シーズン4の9話でついに、

「ようこそ、ゲームオブスローンズの世界へ」となりました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/Towel/20170702/20170702161553.png

https://cdn-ak.f.st-hatena.com

 

…あんな面白い映像を見せられたら、そうならざるを得ませんでしたね~!!

そっからはもうハマった側の人間になってしまいました。

 

ですが『先にどうなるか知っておいて、改めて初めから見る』というようなことはしないでください。他のシーズンから先に見る行為は決してやってはいけません!

きちんと続きモノのストーリーなので、先に色々見てしまうと面白さが半減します。

 

少しハマり始めてからの『ゲームオブスローンズ』というキーワード検索にもご注意を。

ネタバレを食らう可能があります。全てを見終わるまでは、我慢を。

 

 

最後にひとつ。

シーズン7まで見たあとに見る、シーズン1の1話ならめっっちゃ面白い!!

全部見終わり、この状態でもう1回第1話を見たら面白いだろうな~と思い、試しに見たら相当面白かったです。登場人物も、そいつがどんな性格なのかも分かった上で見るシーズン1は初見に比べて遥かに面白いので、これは全部見終わったあとに余裕があればしてみて下さい。

 

 

 

 

今回は以上です!!

長々となりましたが、書きたいことは全て書けたと思うので、ゲームオブスローンズが気になっている方の参考になれば幸いです。

 

そんな『ゲームオブスローンズ』は現在(2018.2.21)Hulu(フールー)にてシーズン7までの全話を配信中!

そしてHuluがHBO局のドラマを独占状態にしていましたが、ここにきてなんとAmazonプライムビデオでも見れるようになり『ゲームオブスローンズ』もシーズン6までなら見れます。残念ながらシーズン7は1話300円で課金レンタルしなければなりません。

ですが、もう一度言います、Huluならシーズン7まで全話見放題です。

 ちなみにワイスピが全部見れるのはAmazonプライムです。アイスブレイクまで見れます。

 

一応僕もHuluやAmazonプライムの比較を書いた記事も過去に書いているので、そういうサービスを知らない方は、良かったら目を通してみて下さい↓

daretame.hatenablog.com

 

 

ということで、分かりづらい文章だったかもしれませんが

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ではまた!